会社を辞めて独立しました。

- SPONSORED LINK -

こんにちはダンクです。

実は・・・2019年2月独立しました!
28歳の時に入社した会社に11年勤め、40歳を機に退職し独立しました。

働いているうちに芽生えて来た独立という道

28歳で入社させてもらった会社では、WEBデザイン、コーディング、サーバー関連などいろいろ勉強させていただき、ある程度の知識をつけてからは制作側ではなく運営側の「WEBコンサルタント」として仕事をしていました。

いろいろな企業やネットショップさんのWEBコンサルをさせていただき、コンサルティングをさせていただくお客さまは基本社長さんです。なので、仕事で会うお客さまはほとんどが社長さん。

その時に芽生えてきた感情は・・・

ダンク神田
社長は何でも自分で決定できる。俺もそんな人生にしたい。

でした。

ワクワクしているお客さまとの出会い。

昔から言うじゃないですか、
社長になる近道は社長さんの側にいること、とか、悪いグループに入ると悪い事をしてしまうみたいな話。

周りに影響されるんですよね。人間って。

私も思いっきり影響されました「いろいろな社長」に笑

ワクワクしているお客さまとは「社長」です。

もともと自由に動きたい性格をしてまして、いつまでも社員のまま仕事をを続けていないだろうなと思っていましたが仕事でいろいろな社長さんに会う度に独立志向がどんどん強くなっていきました。

もっと自由に働きたい。

もっと自由に決断したい。

もっと自由に・・・

と。

自由には責任がともないます。

苦しいこともきっとあるでしょう、でも人生は一度なのでいつかは独立を。と。

「会社」という組織より「個人のチーム化」

前職では11年お世話になりましたが、入社5年目から取締役となりましたのである程度決定権はありました。

その事もあって独立せずとも充実した毎日を送っていましたが、会社全体の進む方向やこれからの時代に合わせた働き方をということで「会社」という組織より「個人のチーム化」という新しい働き方を実現するために、前向きな退職で独立しました。

結果、今まで担当させていただいてたお客さまはそのまま継続という形で独立させていただき、仕事がわんさかある状態での独立で感謝しかありません。

2019年2月1日現在個人事業主で屋号は「Lieed」です。

Lieedという屋号での新たな旅立ち。

これからいろいろな方との出会い、そして自由に働くという楽しみと、自由だからこそ責任に押しつぶされるプレッシャーを感じながらワクワクした毎日を過ごしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Lieed代表:ダンク神田

- SPONSORED LINK -

自社のサービスや製品をネットで販売しているが全然売れない。WEBサイトはあるけど問い合わせや受注に全然繋がらない。

そんなお悩みお気軽にお問合せ下さい♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ、滋賀県生まれの滋賀県育ちでO型。職業はWEBサイト制作とインターネットでモノを売るにはどうすればいいかをお客様に伝える仕事。根は優しくて力持ち。幼少期から驚異的に身長が伸び小学校6年の時には186cmに(現在189cm)体格はプロレスラー。趣味はドライブとカメラ(D700・GM1)と肉食べ歩き。 自己紹介はこちら