MacBook Pro1台で仕事をする環境を作ってみた。

- SPONSORED LINK -

前回の更新は夏。

・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ご無沙汰しております。
ダンク取締役こと神田元宏です。

さて最近の変わりごとと言えば、
仕事道具でMacBook Proを購入し、そしてMacBook Pro1台で仕事をしようと思いいろいろ仕事環境を変えてみました。

仕事環境に投資するのはテンションを上げるため

私は自腹でいろいろ仕事道具を買い漁るクセがあります。
全然壊れてないのにパソコンを買い替えたり、全然壊れてないのにモニターを買ったり。
全然壊れてないのにキーボードを買ったり・・・その他たくさん

購入理由は「テンションを上げたいから」

モチベーションとでもいいましょうか、とにかく飽き性で同じものを長く使うというタイプの人間ではありません。
特にパソコン系はとにかく新型に興味が沸き(iPhoneとかも)旧型を使っているだけでテンションが下がります。悪く言えば「わがまま」ですが、良く言えば「常に最先端」です笑

そしてMacBook Pro2017年モデルも気がつけばポチってました。そしてせっかくプロを買ったので仕事環境も大きく変えてやろうと決意しました。

MacBook Pro

据え置きパソコン(デスクトップパソコン)は捨てる!

私は出張や打ち合わせなどで出かける事が多く会社にいることが少ないので、どこでも仕事ができるように「据え置きパソコン」は捨てようと決意!

MacBook Proを持ち歩き、会社に付いたら据え置きのモニターに繋いで仕事をして、出張の時はモニターを外してMacBook Proを持って出かける。そして家に帰れば家のモニターにMacBook Proを繋いで仕事をする。

家です。

MacBook Pro 家

家です

会社です。

MacBook Pro 会社

会社です

家の写真は9月ぐらいで、会社の写真は12月。MacBook Pro関係ないっすけど、私明らか太ってますね(;´∀`)

とまぁこんな感じで母体を持ち歩く生活を続けて約4ヶ月。

結果、

ダンク神田
すげー快適!

いつでもどこでも同じ環境で仕事ができるストレスフリー

会社から帰るときスリープ状態にしておいて家で作業できる。または家でスリープ状態にしておいた状態から会社で仕事ができる。もしくはカフェでもいい。なんならトイレでもいい。

どこでも全く同じ環境が使えるっていうのはストレス無く快適です。

その快適さとは逆に、約1.4kgのMacBook Proを毎回持ち歩くとか、本体にデータを保存すると落とした場合のセキュリティ等のデメリットはあるけど。力はあるので持ち歩きにはさほど抵抗はなく、データはプライベートのデータ以外は本体に保存しない運用方法をしているので落としたり忘れたりしても安心です。

まとめダンク

ダンク神田
投資は必要!作業効率化にもなりストレスフリーになりました。
- SPONSORED LINK -

MacBook Pro
自社のサービスや製品をネットで販売しているが全然売れない。WEBサイトはあるけど問い合わせや受注に全然繋がらない。

そんなお悩みお気軽にお問合せ下さい♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ、滋賀県生まれの滋賀県育ちでO型。職業はWEBサイト制作とインターネットでモノを売るにはどうすればいいかをお客様に伝える仕事。根は優しくて力持ち。幼少期から驚異的に身長が伸び小学校6年の時には186cmに(現在188cm)体格はプロレスラー。趣味はドライブとカメラ(D700・GM1)と肉食べ歩き。 自己紹介はこちら