その記事、誰に向けて書いてます?

- SPONSORED LINK -

C789_pentonotepc500
こんばんは、ダンク神田です。

今日は「その記事誰に向けて書いてます?」について書きます。
最近は「自分メディア」のように、ブログなどを使って個人が簡単に情報発信が出来る時代になりました。

そんなブログ。
あなたは誰に向けて書いてますか?

ターゲットを絞る。ではジャンルは?

もちろん自分のメモみたいな使い方もありますし、趣味の世界の話をただ書くだけという人もいます。しかし、それならワードやメモ帳に書けばいい話でブログを書いているという時点で誰かに何かを伝えたい気持ちがあると思います。友達とかね。

またビジネスや自社の売上を上げたいなどでブログをしている場合は特に「誰に向けて書いているか」を強く意識しないといけません。極論を言えば、

誰に?=ターゲットとなる1人を決める。

これはラブレターを書くのと同じ。
ラブレターを書くときに不特定多数の人に向けて書きませんよね。誰でもいいじゃダメで、必ず1人の人を思い浮かべて書くことです。じゃないと愛は伝わらないんです。
その1人が分からない時は、分かるまで伝える相手はどんな人か考えましょう。

GAK95_yuuhikappurushiruetto500
ここでいう「ターゲット」は1人ですが、書くジャンルは絞り過ぎないほうがいいです。巷では絞れ絞れと言いますが、絞りすぎると・・・・そうです、ネタがなくて記事が書けないんです。テーマを絞ることは大事ですが、少しだけ大きな範囲で絞るほうがいいです。

例えば料理ブログを書くとして、
「カルボナーラ」に絞る!!って決めるとカルボナーラだけでネタを考える必要があるので、記事がなかなか生まれてきません。それよりは「パスタ」に絞る、もしくはもう少し大きく「イタリアン」に絞る。ぐらいの考え方で絞るのがいいです。ここで「中華、和食、イタリアンなんでもあり」となるようなブログはダメです。ある程度絞るという感覚が大事です。

ブログにとって一番大事なことは「続けること」だと思っています。
なので無理の無いテーマを決めて楽しく書く。

これが最高のブログ道じゃないでしょうか。
そこからキャラを知ってもらって友達増えるとかビジネスなら契約に繋がるとかになれば最高ですね。

こんな記事書いていませんか?

■一度ご自身のブログを見なおしてみてください。

・自己満足になってないか?
・身内(社内)しか分からない用語(略語)を使っていないか?
・コピペのような商品紹介をしていないか?

まとめダンク

伝えたい人に伝えたい内容を相手の気持ちになって書きましょう。

最後に。

独身の僕がラブレターと思って書け!じゃないと愛が伝わらない!って言っても説得力0ですけどね。おかしいなー(T_T)

あ、あとこのブログは日記に近いのであまりテーマはありません。
たまーにボソッといいコト言うのがいいんじゃないかというのがテーマです。

・・・に、逃げじゃないですよ!

それでは、お元気で。

- SPONSORED LINK -

自社のサービスや製品をネットで販売しているが全然売れない。WEBサイトはあるけど問い合わせや受注に全然繋がらない。

そんなお悩みお気軽にお問合せ下さい♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ、滋賀県生まれの滋賀県育ちでO型。職業はWEBサイト制作とインターネットでモノを売るにはどうすればいいかをお客様に伝える仕事。根は優しくて力持ち。幼少期から驚異的に身長が伸び小学校6年の時には186cmに(現在189cm)体格はプロレスラー。趣味はドライブとカメラ(D700・GM1)と肉食べ歩き。 自己紹介はこちら