出来事から学ぶ(台風11号)

- SPONSORED LINK -

こんにちは、神田です。

四国・関西を中心に非常に大きな台風11号が猛威をふるいましたね。
皆さん大丈夫でしたでしょうか?

三重県では特別警報も発令され、

特別警報(とくべつけいほう、英: Emergency Warning)は、日本において、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に、気象庁が警告のために発表する情報。警報の一種だが、警報の発表基準をはるかに超えるような甚大な災害が発生するおそれがある場合に適用される。

特別警報が発表されるときは、経験したことのないような異常な現象が起きうる状況で、かつ、それまでの数十年間災害の経験が無い地域でも災害の可能性が高まっている状況である。対象地域の住民は、直ちに命を守る行動をとることが推奨されている。なお、「直ちに命を守る行動をとる」とは、必ずしもその場所から他の場所へと避難することを意味するものではなく、例えば、避難することが既に危険な場合は屋内のより安全な場所に移動するなど、各々が状況を見極めて適切な災害回避行動をとることを意味する

地元滋賀でもかなりの暴風雨になりました。

実は今日は先月から予定していた旅行が・・・

実は今日は先月から予定していた旅行(日帰り)の予定だったんですが、台風のため仕方なく中止に。そして極力外には出ず基本家にいました。(かなり楽しみにしてたんですけどね。こればっかりは仕方ないです(T_T))

でもこういう日は家にいるのが一番ですよね。
例えば雨は大丈夫だとしても風で何かが飛んでくる可能性だってあります。

そしてこのような経験(いまは台風)をすると、その経験を次回に活かす為にいろいろとインプットしておいたほうがいいと思います。

毎年来る台風から学ぶ

台風で植木鉢や自転車がコケたり、飛んで行ったりってつきものですよね。
コケるだけならいいんですが、例えばベランダから植木鉢が落ちて人の車に当り大きな損害が出たり、通行人に危害を加えることにもなりかねません。
なので、植木鉢は玄関に入れるとか、自転車は風の当たりにくいところに移動させておくとか事前に対策が必要です。

こんなの当たり前ですよね?

しかし今回は毎年必ず日本には来る台風なので、ある程度想像できますが全く想像もできない出来事の場合、対処はなかなかできません。
そんな時は、失敗や出来事が起こったあと必ず振り返って次回に活かすクセを付けたいですね。

大事なのはそんな風に出来事を見れる「目」を鍛えることだと思います。

今回は台風を例にあげましたが、仕事も同じ。出来事や失敗から学ぶことばかりです。そこで改善の意識を持つかどうかでこの先の人生が大きく変わってくると思います。

台風11号

やっと滋賀県も落ち着きました。
一安心です。

- SPONSORED LINK -

自社のサービスや製品をネットで販売しているが全然売れない。WEBサイトはあるけど問い合わせや受注に全然繋がらない。

そんなお悩みお気軽にお問合せ下さい♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ、滋賀県生まれの滋賀県育ちでO型。職業はWEBサイト制作とインターネットでモノを売るにはどうすればいいかをお客様に伝える仕事。根は優しくて力持ち。幼少期から驚異的に身長が伸び小学校6年の時には186cmに(現在189cm)体格はプロレスラー。趣味はドライブとカメラ(D700・GM1)と肉食べ歩き。 自己紹介はこちら